ゲーム日記とかとか+1品

ゲーム関係とか買った物とかをいろいろと気の向くままに書いてます。
ゲーム日記とかとか+1品 TOP  >  ゲーム環境
    気になる商品
    Amazon
    カテゴリ
     ├ Destiny (53)
     ├ ACE:R (2)
     ├ BF1943 (15)
     ├ EDF:IA (5)
     ├ GTA5 (21)
     ├ Skyrim (20)
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ゲーム
    119位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    ソニー(プレイステーション)
    4位
    アクセスランキングを見る>>

    最新記事

    最近のキャプチャーユニットは低価格で高機能な件(2016年7月)

    Hauppauge HD PVR 2

    今使っているキャプチャーユニット(HD PVR 2)を購入して丁度3年。
    それ以来、キャプチャーユニットの知識が止まっているので、何となく最近のキャプチャーユニットを調べていたのですが、色々と驚きました。
    というのも、最近のキャプチャーユニットって、HDMIは当たり前で値段も安いんですよ。

    自分が、「HD PVR 2」を買ったときの値段が1.6万~1.7万円ぐらい。
    それが最近では、同じような機能を持った物が1万円以下で買えるというのだから驚きですよ。

    「これが時代の流れか・・・」

    って感じですね。

    5年ぐらい前なんて、安い物はコンポジット接続の物しかなったですからね。
    たとえ安い物があって「キャプチャーカード」でしたし、ハイスペックPCが必須という物でした。
    良い時代になったものです。



    ■1万円以下で買えるキャプチャーユニット

    例えば、これが1万円以下で買えて、HDMI対応(1080p対応)という物。

    SaiEL ポータブルビデオキャプチャーデバイス
    株式会社ハレルヤ
    販売価格 ¥9,350
    (2016年6月30日21時00分時点の価格)
    売上げランキング: 12082


    Amazonでのレビュー数も多く、評価も高いので、1万円以下で買えるキャプチャーユニットの定番なのでしょうか。
    価格的に見ても中高生ぐらいが買いやそうですね。

    ただし、レビューを読んで分かったのですが、録画ファイルには1.95GBの制限が有るようです。
    ファイルのサイズが1.95GBを超えると別のファイルが作成されて、長時間プレイ動画を録画するような場合は、大量のファイルが作成されると。

    ちなみに自分の場合(HD PVR 2)、720p(MP4)で録画すると1分で1GBぐらいです。
    1.95GBなら18分ぐらいになるのかな。
    FPSをするなら1試合以内で終わるぐらいの時間ですね。

    あとマイクを繋げると実況動画が簡単に作れる機能があるらしいです。
    ただし、レビューを読むと、コンポーネント端子から入力した動画にのみ対応しているとか、HDMIでも出来たという事が書かれているので、マイクを使っての実況はオマケ程度と考えた方が良さそうです。

    データの保存には外付けHDDやUSBメモリを使用するらしい。
    そのためPC不要でプレイ動画を保存できます。



    こちらは上の物と同じ価格帯で、機能もほとんど同じ物です。
    数百円追加する事でリモコン付きモデルも販売中。


    「どちらの方が良い物なのか?」という問いは不毛でしょう。
    レビューを読む限り、価格相応と言った感じです。
    「すぐに壊れた」という人も居れば「安いのに高機能で満足している」と言う人も居ます。



    ■現行の最上位モデル
    安い物は、どれも同じっぽい。
    「では、高い物はどういう物があるのか?」と、気になって調べましたが、今はAVerMediaの「GC550」という物があるらしいです。

    AVerMedia Live Gamer EXTREME GC550 USB3.0対応HDMIキャプチャーデバイス 1080p/60fps DV399 GC550
    Not Machine Specific
    AVERMEDIA
    販売価格 ¥22,560
    (2016年6月30日21時00分時点の価格)
    売上げランキング: 1208




    AVerMedia:http://www.avermedia.co.jp/product_swap/gc550.html



    USB 3.0対応で1080p/60fps高画質映像の録画可能。

    マイク音声や好きな音楽をプレイ動画とミックスする事が可能。

    ニコ生やTwitch等の各種動画サイトでの配信も可能。



    等、色んな機能があるようなので、詳しくは公式サイトを参照。
    とりあえずキャプチャーユニットに迷ったら、これを買っておけばOKという物ですね。

    自分のように「実況は無し」&「プレイ動画だけを録画するだけ」なら1万円以下の物を買えば良いと思いますが、色々やりたいなら2万円ぐらいの物を買った方が幸せになれるかもしれません。

    まあ、実況するにしてもPCを使えばマイク音声の録音ぐらいならできますし、無理に高い物を買わなくても実況動画は作れます。ただ手軽に実況動画の作成と考えると・・・、って感じです。

    あと、1万円の物を買って失敗するなら、2万円の物を買った方が、金銭的なダメージは大きいですが後悔はしないと思います。(経験上)

    【Wi-Fi切断】無線LAN中継機(忠継大王 MZK-EX750NP)を買ったら世界が変わった!

    無線LAN(Wi-Fi)の電波が、稀に切断される現象に悩まされる事、数週間。
    ネットサーフィン程度だと問題無いのですが、頻繁にサーバーと通信するようなアプリを起動していると、どうも稀に回線が切断されているらしいという事が判明。

    稀にというのは、普段は大丈夫なのですが、何かの拍子に電波の感度が悪くなると、ブチっと回線が切れるんですよね。
    それが短時間に何度も切断されたりするのでたちが悪い。

    さすがに安定しない電波なら無線の意味が無いと思い、前から気になっていた無線LAN中継器という物を買ってみました!


    ■PLANEXの忠継大王(MZK-EX750NP )
    いつもの如く、Amazonで無線LAN中継器を調べたら良さそうな物を発見

    PLANEX 忠継大王(MZK-EX750NP )

    今回買った無線LAN中継器は、PLANEXの忠継大王(MZK-EX750NP )
    無難にBUFFALOの中継器にしようかと悩んだのですが、忠継大王はコンセントを占領しないという単純な理由で、こいつにしました。
    11acに対応していたり、2.4GHzと5GHzが使えたりと、最低限の機能は有ったので特に問題は無いはず。


    PLANEX 忠継大王(MZK-EX750NP )


    使い方は簡単!
    コンセントに挿すだけ!


    厳密に言えば、中継器のWPSボタンを押して、ルーター側に認識させる必要はありますが、マニュアルを見れば誰でも分かる内容なので省略。


    PLANEX 忠継大王(MZK-EX750NP )

    ちゃんとコンセントとしても使える便利な奴だよ!

    中継器の設定は物凄く簡単でした。
    逆にルーター側の、WPSかんたん接続機能の使い方が分からなくて、説明書を引っ張り出してきた次第です。



    ■電波状況(シグナル強度[dBm])の変化

    これが中継器が無い状態のシグナル強度です。([dBm]の値が小さい方が良いらしい)
    無線LAN シグナル強度[dBm]

    グラフの赤線がいつも接続していた電波(2.4GHz)です。
    青色の線が5Ghz。
    (この段階での水色の線はよく分からない)

    何気に去年、ルーターを買ってから、2.4GHzの方に繋いでいたらしい。


    ↓中継器を使用後
    無線LAN シグナル強度[dBm]

    今まで2.4Ghzを使っていたので、今回から5Ghz(青色の線)を使うように設定。
    中継器から出ている電波を拾うようになったので、かなりシグナル強度[dBm]が良くなりましたね。



    無線LAN シグナル強度[dBm]

    ちなみに、この画像での水色の線は、ルーターから出ている5Ghzの電波です。
    中継器が無いと、この電波を拾いにいくのだから、そりゃ電波も切断されるか・・・。



    とりあえず、無線LAN(Wi-Fi)の切断に悩まされている人は、無線LANの中継器を買いましょう!
    やはりルーターの電波だけでは限度があります。

    [ 2016/04/15 22:30 ] ゲーム環境 | TB(0) | CM(0)

    LANケーブル用に『配線止め金具』を買ってみた!

    配線止め金具

    以前、自宅のLANケーブルを一新したのですが、その際、1階から2階に通している20mのLANケーブルを固定するのにガムテープを使っていました。

    さすがに1年以上も経つと、ガムテープの粘着力が落ちるようで、ケーブルを固定できなくなるうえに、剥がれた箇所が汚くなっている始末。

    さすがに再度ガムテープを貼るのも嫌だったので、『配線止め金具』なる物を買ってみました。


    配線止め金具

    「これ、マジ便利!」

    中身はこんな感じ。
    これを壁に貼り付けてケーブルを固定させます。


    配線止め金具

    LANケーブル程度なら余裕で固定できます。
    フラットタイプなら5本以上固定させる事もできそう。(やらないけど)

    これが何年持つのか分かりませんが、ガムテープを貼るよりはマシですね。
    もっと早くこういう物を使っておけば良かったと少し後悔。

    ちなみ両面テープの粘着性ですが、少し力を入れて引っ張ってもビクともしなかったので、それなりに高いようです。



    シルバータイプ
    配線止め金具

    予備に買った物ですが、個人的に黒色の方が好きです。
    でも目立たせるという意味では、こっちの方が良いのかなと思ったりもします。



    ■ケーブル剥き出しがダメならモールもあり

    配線モール
    Amazon:配線 モール



    こういう物を使うというのも手です。
    ケーブルを守ったり、配線時の見た目が良くなります。
    学校や企業なんかはモールを使って配線しているのを見かけますね。

    ただし『配線止め金具』だけの場合よりも、お金が掛かるのが難点。
    『配線止め金具』なんて安いのだと200円ぐらいで買えますからね。


    今回は、自宅での配線だったので使用しませんでしたが、小さい子供が居たり、ペットを飼っているという人は、モールを使った方が良いかもしれません。
    ウサギとか飼っていたら噛み切られますからね。(昔1度やられた経験有り)

    [ 2016/02/23 20:30 ] ゲーム環境 | TB(0) | CM(0)

    『バリスタ GS315』とかいうゲーミングスピーカーが気になる件

    情報サイトを見て知ったのですが、16日に、こんなスピーカーで発売されるらしい。

    バリスタ GS315
    【バリスタ GS315】
    http://www.avermedia.co.jp/product_swap/gs315.html

    【特長】
    ゲーミングスピーカー「バリスタ GS315」はゲームに特化した2.1chスピーカーです。
    サテライトスピーカーは豊かな中・高音域を持つことが特長なので、戦闘の場面でのリアルな銃声、刀で斬る音を再現します。また、パワフルなサブウーファーを備えたので、迫力のある爆発音も再現。臨場感があふれる高音質出力で、FPS、アクションゲーム、RPGなどを快適にプレイできます。ヘッドホンを長時間使用すると疲れてしまうという問題を解消!

    独特なアサシンモードを搭載したことで、小音量でも、低音域と高音域のバランスを維持できます。深夜でも誰にも迷惑かけることなく、細部に至るまで高音質なゲームサウンドを思い切り体感できます。さらに、Bass(低音域)とTreble(高音域)を調整すれば、ゲームサウンドの表現を自分好みで自在にカスタマイズができます。



    「普通のスピーカーと何が違うのか?」

    と気になったので、公式サイトを見たのですが、どうも中・高音域に力を入れているスピーカーらしいですね。



    【3wayサテライトスピーカー】

    バリスタ GS315


    こんな感じでツイーターが上下にあるらしいです。
    (ちなみにツイーターとは、高音用スピーカーの事で、Twitterとは関係ないです)



    ■公式サイトでは音を聞き比べる事もできるぞ

    バリスタ GS315


    ちょっと分かり難いが、公式サイトにある各マークの上にカーソルを載せると音を聞き比べる事ができます。
    確かに他社スピーカーよりもGS315の方が、音がはっきりと大きく聞こえますね。

    ただ、他社スピーカーと言われても、どのメーカーの何というスピーカーを使ったのか分からないので何とも・・・。
    せめて比較対象の価格さえ分かれば、○○円のスピーカーと比べてGS315の方が良いとか分かるのですが、さすがに他社製品を晒すような事はしないか。



    ■アサシンモード搭載

    アサシンモード


    音量を小さくすると低音域と高音域を補正する機能らしい。

    「これで深夜も安心!」

    との事だが、さすがにそれはヘッドホンで良いのではないだろうか。
    でも長時間のヘッドホンは耳に良くないから、やはりアサシンモードは良い機能なのか。



    ■つまみで音量調節

    バリスタ GS315


    メインの音量意外にも、Bass(低音域)とTreble(高音域)の音量調節もつまみで調節できるらしい。
    これは何気に良い機能!

    低音域、高音域を別々に設定できるという事は、FPSなんかで爆発音を抑えて足音を大きくするという事も出来たり?




    ■でも、お高いんでしょ?
    色んな機能がついて、なんとお値段は・・・

    AVerMedia ゲーミングスピーカー Ballista(バリスタ) GS315
    Amazon:AVerMedia ゲーミングスピーカー Ballista(バリスタ) GS315 SP654 GS315


    Amazonで約2万円

    「これは微妙・・・」

    極端に高くは無いものの安くも無い。
    2万円出すなら、そこそこ良いヘッドホンも視野に入る。
    それでも『ゲーム用スピーカー』が欲しいという人には良いのかな?

    自分も今使っているスピーカーが壊れたら買っても良いかな?とは思いますが、買い換えるとはいきませんね。
    まあ、悪くないと思うので、興味のある人は発売後に書かれるであろうレビューを待ってからでも遅くは無いかも。



    ■GS310に注意

    バリスタ GS310
    【バリスタ GS310】
    http://www.avermedia.co.jp/product_swap/gs310.html


    こちらはGS315よりも安くなった代わりに、定格出力を下げて色んな機能を省いた物なので、購入の際は注意。
    ゲーミングというよりも普通の2.1スピーカーに近いのかもしれませんね。

    ちなみに公式サイトでも聞き比べは出来ないようなので、GS315とどれぐらい音が違うのかは分かりません。
    [ 2015/12/15 19:00 ] ゲーム環境 スピーカー | TB(0) | CM(1)

    ついに我が家も光回線に!

    「我が家のネット環境も、ついに光へ!」

    という事で、回線速度を測ってみた。

    【ダウンロード速度】
    回線速度

    【アップロード速度】
    回線速度

    測定サイト:http://www.musen-lan.com/speed/



    『日曜日の午後7時過ぎ』という回線が混んでいそうな時間に測定しましたが、下りも上りも100Mbps以上という結果に感動しました。

    「光って凄いね」

    以前なら下り20~30Mbpsで、上りが5~15Mbpsとかでしたからね。
    なかなか安定していそうな回線で満足です。



    ■別のサイトでも測ってみた

    回線速度

    測定サイト:http://www.speedtest.net/


    なんか200Mbps超えているけど、どこまで正確なのか分かりませんね。
    とにかく良い感じというのだけは分かります。


    とりあえずUP速度が上がった事で、Youtubeに動画がUPしやすなるのは嬉しい。
    まぁ、今のところする予定はないんですけどね。


    ■去年、LANケーブルを一新しておいて良かった...?
    去年、LANケーブルを全てCAT6Aにしましたが、結果はどうあれ、光回線の性能をそれなりに堪能できそうです。
    CAT5eでもそれほど違いは無いと思いますが、どうせならCAT6Aを使った方が良いじゃないですか?

    過去記事:LANケーブルを変えたら通信速度が上がった!・・・気がする。

    [ 2015/11/15 20:30 ] ゲーム環境 | TB(0) | CM(0)