FC2ブログ

ゲーム日記とかとか+1品

ゲーム関係とか買った物とかをいろいろと気の向くままに書いてます。
ゲーム日記とかとか+1品 TOP  >  PC
    気になる商品
    Amazon
    カテゴリ
     ├ Destiny (53)
     ├ ACE:R (2)
     ├ BF1943 (15)
     ├ EDF:IA (5)
     ├ GTA5 (19)
     ├ Skyrim (20)
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ゲーム
    84位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    ソニー(プレイステーション)
    5位
    アクセスランキングを見る>>

    オープンワールドRPG「Kingdom Come: Deliverance」(キンカム)をやってみたら結構難しかった件

    Kingdom Come: Deliverance
    Steam版(日本語化済み)


    Steamで安かったので買ってみました。

    PS4やDMMでも売っていますが、そちらは日本語版
    Steamは英語版(日本語化MOD有り)

    ジャンルは、一人称視点のオープンワールドRPG
    簡単に言えばスカイリムみたいなゲームですね。


    Kingdom Come: Deliverance
    Kingdom Come: Deliverance
    Kingdom Come: Deliverance
    Kingdom Come: Deliverance
    のどか、のどか


    物語の舞台はボヘミア王国
    (中世から近世にかけて中央ヨーロッパに存在し、現代のチェコ共和国の前身となった王国)

    主人公は鍛冶屋の息子
    要するに、ただの一般人

    ドラゴンやゴブリンと言ったモンスターは居ない。
    魔法も無い。
    スカイリムのようなファンタジー要素はほとんどありません。

    時間が経てば空腹になる。
    それなのに所持している食べ物は時間が経てば傷んでいく。
    セーブはベッドで寝る必要がある。

    とにかく、いろんな面でリアル志向。
    リアルゆえにスカイリムとの差別化は出来ています。



    ■戦闘が難しい!

    戦闘


    スカイリムの戦闘が遊びでやるチャンバラとするなら
    キンカムの戦闘は剣道
    ぐらい全然違う。

    戦闘システムが1vs1を想定している駆け引きのあるシステムなので、スカイリムのようなあっさりとした戦闘を想像していると最初の戦闘ですら難しく感じるはず。

    とにかく相手の隙を狙って攻撃しないとヒットしない。
    そして相手の攻撃も防御したり流したりしないといけない。
    これにスタミナの減り具合も加わってくるので、なかなか頭を使う。

    1vs1でも難しいのに、これが多人数を相手にする戦闘になると100%負ける!
    レベルを上げて強くなれば何とかなるのだろうか?と思うぐらい、多人数戦はキツイです。
    盗賊にすら勝てませんからね。

    「はやく強くなりたい!」



    ■最後に
    まだ8時間しかやっていなので、評価はできませんが、個人的にスカイリムより好きかもしれません。
    RPGなのに、モンスターに襲われないというのが新鮮。
    リアル要素も新鮮で面白い。

    ただ不満点を挙げるとするなら、リアルゆえに色々と不親切な仕様があるという事ですかね。
    それがこのゲームの良い所なのですが、セーブぐらい気軽にやらせてくれとは思います。
    でも、そうなると一気にヌルゲーになってしまうのか。
    [ 2019/09/11 22:30 ] PC | TB(0) | CM(0)

    【PC】「Mutant Year Zero Road to Eden」をクリア!少し物足りないが面白いSLGだった!

    Mutant Year Zero Road to Eden


    少し前に、Epic Gamesで無料配布していた「Mutant Year Zero Road to Eden」
    「サポートされる言語」に、日本語が無かったのでスルーしていたのですが、評価が高いゲームなのでとりあえずインストールしてみたら普通に日本語字幕に対応していました。

    「ALAN WAKE」の時といい、Epic Gamesの「サポートされる言語」の表記はガバガバですね。


    ゲームの方は、元の値段が3600円という事で、ボリュームが少ないかなと感じました。

    でもストーリは良い所で終わっていたので概ね満足。

    人類が居なくなった荒廃した世界でミュータント達が真実を知る物語
    そんなゲームでしたね。
    上手くまとめたストーリーだと思いました。

    ちなみに本編の続きはDLCを買えば遊べるらしいですが、今のところ買う予定はないです。



    ■「Mutant Year Zero Road to Eden」ってどんなゲーム?

    「RPGとSLGを合わせたようなゲーム!」

    フィールドを探索する時は、RPGのように自由に動き回れて、戦闘はSLGという感じです。

    Mutant Year Zero Road to Eden
    Mutant Year Zero Road to Eden



    敵はあらかじめフィールド上に存在していて、敵から出ている赤い円の中に入ると敵に見つかり戦闘になります。

    Mutant Year Zero Road to Eden


    スペースキーを押して、こちらから奇襲して先制攻撃する事も可能。
    というか攻撃する際は、奇襲がメインになります。


    Mutant Year Zero Road to Eden


    戦闘は従来のSLGのようにマスを移動して攻撃という流れです。
    障害物に隠れたり、高所に登ると戦闘を有利に進める事ができます。
    一部の武器を使うと障害物を破壊して隠れている敵を丸裸に出来たりと、なかなか戦略的なゲームを楽しめるのもこのゲームの特徴ですね。



    ■一部のスキルがぶっ壊れレベルの強さ!
    レベルを上げるとスキルを解放出来るようになるのですが、その一部が異常に強かったの紹介しておきます。

    猪突猛進

    【猪突猛進】
    カバー破壊可能。
    2ターンの間、敵をノックアウト


    敵を2ターンも無効化するので、奇襲時に敵が1体の場合は、無傷で敵を倒す事が出来るようになる。
    また敵が複数居る場合にも、敵を1体無効化すると戦闘を有利に進める事が出来るので、何かと便利なスキル。



    サーキットブレーカー

    【サーキットブレーカー】
    2ターンの間、機械の敵を無効にし、命中率が25%低下する。


    【猪突猛進】と同じような効果ですが、こちらは機械の敵を2ターンの間無効化するので少し違う。

    物語中盤から出現する機械の敵は固いので、1ターンでは倒せない事が多い。
    そのためサーキットブレーカーが必須になってくる。



    ツイッチショット

    【ツイッチショット】
    1APの消費で2発撃つ、精度は25%低下


    単純に1ターンで2回攻撃するので強い!
    欠点は、ボウガン等の1発しか撃てない武器には無意味という事ぐらい。
    命中率の低下というデメリットは、敵に近づいたり他の命中率UP系スキルでカバーすれば気にならないレベル。




    ■武器の強化に迷ったら無音武器からでOK

    ニードルガン


    このゲームの戦闘で最も重要な事が、敵に気づかれずに敵を倒せるかです。
    そこで重要になってくるのが、無音効果のある武器。

    たぶん3種類しかないので、武器の強化に迷った際は、無音武器から強化した方が良いです。
    無音武器は攻撃力が低いので、少しでも威力が上がると敵を倒しやすくなります。




    ■敵や素材は有限
    1.敵は倒すと復活しない
    2.落ちているアイテム等も復活しない
    3.要するにお金やアイテム等は有限

    こう書くと、お金やアイテムがジリ貧になってちゃんとクリア出来るのか不安になりますね。

    でも自分の場合は、難易度をノーマルでやっていたので、お金もアイテムも特に困りませんでした。
    武器強化に使う素材もメインで使っている武器だけ強化したので特に困りませんでした。

    厳しい仕様なようで意外と緩かったですね。

    というかスキルが強すぎた。




    ■PS4でも売ってるぞ!

    PlayStation Store
    PlayStation Store:Mutant Year Zero Road to Eden


    PCだけじゃなくて、PS4でも買えるようなので、PCを持っていない人も遊べますね。
    もし買ってみようか迷っている人が居るなら、DLCが付いているDeluxe Editionというのを買った方が良いと思う。
    ストーリー的に続きが気になる終わり方なので、どうせ買うなら遊びつくしたいですね。
    [ 2019/09/01 18:00 ] PC | TB(0) | CM(0)

    【PC】「ALAN WAKE(アランウェイク)」クリア!!!少し怖いが面白かった!

    Epic Games で無料配布していた「ALAN WAKE」

    日本語化出来ない問題のごたごたが有ったので、クリアするやる気が出るのか不安でしたが、「謎が謎を呼ぶ」展開に魅かれて気が付けばクリア!

    俺はランウェイク作家だ
    特別編1 完了



    「面白かったです!」

    これは主人公の夢?
    いや、現実なのか?
    主人公の頭がイカレタのか?
    この不思議な出来事は何が起こっているんだ?


    本編をクリアした時点では、ストーリー的に「何も解決してないやん!」という不満があったのですが、特別編が有るのに気づいてクリアしてみたら納得の高評価ですよ。

    特別編クリアの時点でも主人公の状況は変わっていないが、心情的に「一筋の光明が差し込む」という感じが伝わる終わり方なので、一応主人公は救われたのかな。

    とにかく闇を払う光という感じの終わりかたっだので安心。


    何も知らない状態でやったのが良かったのか、終始ドキドキワクワクでしたね。




    ■ALAN WAKE(アランウェイク)って、どんなゲーム?
    A:軽いホラー感のあるストーリー重視なTPS

    ALAN WAKE(アランウェイク)
    ALAN WAKE(アランウェイク)


    ホラーと言っても暗闇で急に音が鳴ってビックリするタイプのホラーです。
    敵は顔色の悪い人間という存在なので、グロテスクなやつではないです。

    ホラー要素を期待してやるようなゲームではではないですね。
    ホラー耐性無しな人間でも最後まで行けます。


    序盤の何も知らない状態だと、どんな怖さが有るのか分からずドキドキすると思いますが、自分は裏で明るい音楽かけてました。
    でも途中で敵の正体がわかってくると、怖さは無くなりましたね。


    ◆BBA怖い

    BBA


    このBBAが、サブリミナルのように一瞬だけ出てくる場面が数回あるのですが、これだけは最後まで慣れませんでした。
    サブリミナルBBA怖い。

    なおゲーム本編で、初めての出会いは男子トイレだったので笑ってしまった模様。
    雰囲気は怖かったけど、よく考えたら笑える瞬間だと思う。



    ■敵を倒すには光が必要!

    ALAN WAKE(アランウェイク)


    ゲーム自体は普通のTPSなのですが、敵を倒すときの仕様が少し変わっています。

    通常時の敵は無敵なのですが、光を当て続けると無敵を解除する事が出来ます。
    そのため手に持っているライトを一定時間当ててから、敵を攻撃する必要があります。

    少しめんどくさいですが慣れれば何も思わなくなります。
    途中で閃光手榴弾やフレアガンのように一瞬で敵を倒せる武器も手に入ったりするので、戦闘自体はそこそこ楽しめます。


    敵の集団に襲われると「ライトを当てる→攻撃」のコンボが間に合わなくて死ぬ事もありますが、まあ何とかなります。



    ■明るい場所の安心感

    ALAN WAKE(アランウェイク)


    ゲーム自体は慣れると怖くないですが、それでも明るい場所は妙な安心感があります。

    この友人のバリー(CV:高木渉)もいい味だしていて好きでしたね。

    こいつが居ると不思議と安心出来るんですよね。

    戦闘中に何かしてくれるとかはないですが、癒しな存在でした。




    [ 2019/08/14 23:00 ] PC | TB(0) | CM(0)

    【PC】Epic Gamesで「FOR HONOR」と「ALAN WAKE」が無料配信中!だが日本語化されてない?

    Epic Games
    https://www.epicgames.com/store/ja/collection/free-games-collection


    現在、Epic Gamesで「FOR HONOR」と「ALAN WAKE」が無料で配信中です。
    期間は8月9日までらしいので、欲しい人はお早めに!


    FOR HONORは、以前PS4の体験版をやって思っていたの感じのゲームじゃなかったので、今回はスルー。
    ALAN WAKEは、名前だけ知っていたので、やってみようと思ったら日本語化されていないっぽい。

    サポートされる言語


    「サポートされる言語」には、日本語も入っているのですが、いざALAN WAKEを起動させると英語でしか遊べない!

    ALAN WAKE


    もちろんオプションを見たのですが、言語設定の項目が無いんですよね。


    Epic Games側の問題なのか、それとも自分のミスなのか?
    気になったのでTwitterで調べてみたら、同じように日本語で遊べないという人が居たので、たぶんEpic Games側の問題だと思う。


    遊べないとなると無性にやりたくなる不思議。
    なお英語を覚えるという選択肢は無い模様。
    アニメで日本語を覚える外国人って結構居るらしいけど凄いですよね。
    自分は、洋ゲーや洋画を字幕で見てても英語を覚える気がしないです。



    追記(2018/8/9):日本語化のやり方
    コメントの方で情報を頂いたので、ここに直接載せておきます。

    自動更新を無効にしている場合AlanWakeをアップデート
    Epic Gamesランチャー上で、左下にある「設定」をクリック
    設定画面下、「ALAN WAKE」のプルダウンをクリックし開きます
    「追加コマンドライン引数」にチェックを入れます
    「追加コマンドライン引数」の下の枠に -locale=jp



    「文字だけじゃわからん!」って人は、情報元のサイトさんに画像付きで載っているのでそちらへどうぞ

    https://turaturablog.blogspot.com/2019/08/Alan-Wake.Epic-games.Japanese.html




    「日本語化出来たーーー!」

    日本語化済み
    日本語化済み
    日本語化済み



    色々と情報をくれた方に感謝です。
    [ 2019/08/04 02:30 ] PC | TB(0) | CM(7)

    【PC】パンツが戦うゲーム!?「Panty Party」を買ってみた!

    Panty Party


    「えっ!?パンツが戦うんですか?」

    Steamで見つけて評価も高くて気になったので買ってみました。

    ネタのつもりで買いましたが、普通に面白かったです。

    ただしゲームモードが、ストーリーとアーケードの2種しかないので、ボリュームはそんなに多くない。
    10時間もやれば飽きそうな気がします。


    ■「Panty Party」って、どんなゲームなの?

    戦闘画面


    パンツを操作して戦うTPSです。

    バーチャロンやガンダムのVSシリーズを想像してもらえばわかりやすいかもしれません。
    「パンツ」というとネタゲーっぽいですが、意外とちゃんとしたゲームなので、普通に楽しめます。



    ■ストーリーモード

    ストーリー


    ストーリーは全部で19話
    1話1戦なので、全部で19戦すればクリア。

    ストーリー
    ストーリー


    内容の方は、主人公の夢理花が、しゃべるパンツ「バカパン」と出会い、悪いパンツを倒すという話。
    何ともぶっ飛んだ内容ですが、意外と面白かったかな。

    一応言っておきますが、エロ要素は微塵もありません。
    むしろギャグ多めと言う感じでした。

    フルボイスだったのも驚きました。
    この価格帯のゲームにしては珍しいです。



    ■アーケードモード

    アーケードモード


    逆トーナメントを勝ち抜いて、最後にちょっとした物語が見れるモード。
    ストーリーモードのクリア後に、やるのが良いでしょう。






    ■新パンツの解放

    パンツ取得条件


    ストーリーモードでは、このように獲得スコアやクリアタイム等が設定されているエピソードがあります。
    この条件をクリアすると新たに使えるパンツが増えるので、積極的に狙っていきましょう。

    どうしても条件を達成できない場合は、難易度を下げましょう。



    ■パンツの種類

    パンツ


    パンツは全部で17種類。
    一番強いのは、個人的にマジックパンツだと思いました。
    序盤で取れるセーラーパンツも攻撃が全て射撃系なので使いやすかった。



    [ 2019/07/29 23:00 ] PC | TB(0) | CM(0)