ゲーム日記とかとか+1品

ゲーム関係とか買った物とかをいろいろと気の向くままに書いてます。
ゲーム日記とかとか+1品 TOP  >  PC
    気になる商品
    Amazon
    カテゴリ
     ├ Destiny (53)
     ├ ACE:R (2)
     ├ BF1943 (15)
     ├ EDF:IA (5)
     ├ GTA5 (21)
     ├ Skyrim (20)
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ゲーム
    99位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    ソニー(プレイステーション)
    5位
    アクセスランキングを見る>>

    PCのホコリ対策!換気扇用フィルターを買ってみた!

    換気扇用フィルター
    Amazon:パッと貼るだけ! ホコリとりフィルター 換気扇用 約15cm×15cm


    先月、PCを買い替えたばかりなので、ホコリ対策用に換気扇用フィルターを買ってみました。
    当初の予定では、こまめにPC内の掃除をしようと思っていましたが、さすがにめんどくさい!
    という事で、フィルターに頼ることにしました。

    換気扇用フィルター
    換気扇用フィルター


    中身はこんな感じ。


    使用後
    ケース:CoolerMaster CM690III


    PCケースに貼るとこんな感じです。

    フィルターの粘着力は低めですが、貼っていた物が落ちるという事はないです。
    逆に貼り直しが容易で、ノリの跡が残りにくい感じですね。


    現在、フィルターを使用して1~2週間ですが、特にトラブルはありません。
    ケース内の風量も極端に低くなっているという事もないです。
    [ 2017/05/19 00:30 ] PC | TB(0) | CM(0)

    【BTO】サイコムでPC(Ryzen7 1800X)を買ってみた!【2017年4月】

    今まで使用していたPCの動作が不安定でリカバリーするのも手間だったので、新しくPCを買いました。
    6年ぐらい使ったという事もあり、丁度買い替え時だったのかもしれません。

    サイコムPC


    今回PCを買った店は「サイコム」です。
    理由は、ある程度自由にパーツを選べるのと評判が良いのが決めてでした。
    その分、値段は特別に安いという事はありませんが、PCなんて頻繁に買うような物でもないので多少の値段には目を瞑りましょう。

    ちなみに旧PCもサイコムで買っています。
    特に信者というわけではないですが、細かくパーツを選択できるのは良いです。




    ■いざ開封!

    開封


    大きなダンボールの中には、組み立て時に使用したパーツの空箱が入っています。
    そしてケースの箱の中には、PCが入っています。


    G-Master Spear X370A


    今回買ったPCは、「G-Master Spear X370A」というモデル
    CPUが今話題のRyzen搭載のやつですね。
    ケースは「CoolerMaster CM690III」です。


    【大まかなスペック】

    OS : Win10 Pro
    CPU : AMD Ryzen 7 1800X
    CPU-FAN : MSI Core Frozr L
    マザーボード : MSI X370 GAMING PRO CARBON
    メモリ : 16GB
    ビデオカード : MSI GeForce GTX1080 ARMOR 8G OC
    SSD : SAMSUNG 960 EVO [M.2 PCI-E SSD 500GB]
    SSD2 : Crucial CT525MX300SSD1 [SSD 525GB]
    HDD : WD30EZRZ [3TB]
    電源 :CoolerMaster V750


    他にも色々と追加して、全部で35万円ぐらいしました。
    値段の割に、メモリが16GBだったりビデオカードも一番安いタイプのGTX1080だったりするのは、別のところにお金が掛かっているからですね。

    特にこだわったのはM.2SSD含むストレージ関係でした。
    OSの起動速度を速めるためのM.2SSD
    システム類とは別のソフトをインストールするためのSSD
    データを保存するためのHDD
    という感じです。


    PCで30万円以上というと「高い!」と感じますが、これを6年以上使う事を思えば、年5~6万円程度ですよ。(ローン思考)
    確かに初期費用としては高いですが、長期間の使用を考えるなら、悪くはないのではないでしょうか。

    パーツを単体で買って自分で取り付けた方が安いというのはナシです。
    旧PCは、後から自分で色々と追加しましたが、今回は一式セットでお願いしました。




    G-Master Spear X370A(底)


    底にはフィルターが有り

    「ホコリ対策は万全!」

    という事は無く、小さなホコリは入るので、定期的に掃除はしようと思います。



    ケースの中は

    G-Master Spear X370A(中身)


    配線は綺麗だと思います。
    余分な配線は裏側にあるので、エアフローも良さそう。


    G-Master Spear X370A(背面)


    背面の配線処理はこんな感じでした。
    余分な線はまとめて縛ってくれています。


    騒音・振動吸収シート


    これは標準付いている騒音・振動吸収シートです。
    背面のパネルに付いていました。

    薄いので、効果の方は無いよりはマシ程度だと思います。
    アイドリング時でもケースに触れると、普通に振動は感じますし。



    M.2 SSD


    「これが噂のM.2 SSDか!」(ビデオカードの下)

    と言ってもサイコムのヒートシンクを付けたので本体の姿は見えません。


    MSI Core Frozr LMSI Core Frozr L


    これがMSIのCPUクーラー

    何気にマザーボード、CPUクーラー、ビデオカードとMSIだらけですが、特にMSIが好きというわけではわりません。



    ■8コア16スレッド(AMD Ryzen 7 1800X)

    AMD Ryzen 7 1800X


    「CPUがいっぱい!」

    旧PCが6コア12スレッドだったので、感動は薄いですが、この数は壮観ですね。

    自分は6年以上使うつもりだったので、どうせならと思い「Ryzen 7 1800X」にしましたが、コスパは「Ryzen 7 1700」が良いらしいのです。
    オーバークロックすると1800X並みになるとか



    ■Windows エクスペリエンス インデックスの結果

    Windows エクスペリエンス インデックス
    データ


    こんな結果になりました。
    結構良い方だと思います。
    というか良くないと困る。

    Win10では、「Windows エクスペリエンス インデックス」がないので、結果の表示には下記サイトを利用しました。

    https://webmarks.info/ja/






    ■BTO初心者にオススメのサイコム!だけど注意が必要!

    サイコム注文画面


    サイコムはパーツを細かく指定できるうえに、組み合わせの悪いパーツも教えてくれるという便利な機能が付いているので、初心者でも安心してパーツを選択できるようになっています。
    値段も画面右に表示さているので、今いくらなのかわかりやすい。

    昔から親切丁寧な印象を受けるサイコムですが、一つ注意しなければならない事があります。


    OSなし


    それは最初の状態では「OSなし」が選択されている事です。

    何も考えずにパーツ構成を変更しないで注文すると、OSがない状態で届いてしまうので、購入の際は注意しましょう!








    [ 2017/04/09 20:00 ] PC | TB(0) | CM(0)

    【ガンオン】無料で「ガンダムNT-1」と「ケンプファー」が貰えるイベントが開催されるらしい!

    ガンダムオンライン
    【機動戦士ガンダムオンライン 戦場のクリスマス-ルビコン計画-】
    http://msgo.bandainamco-ol.jp/event/4th_anniversary/event/

    【開催期間】
    2016年12月14日(水)~2016年12月27日(火)


    ガンダムオンライン4周年記念のイベントで「ガンダムNT-1」(通称:アレックス)と「ケンプファー」が貰えるらしい。

    現在、この2機(強襲、重撃を合わせると4機)は、DXガシャでしか手に入らないため、いつも叩かれている印象のあるガンオン運営にしては珍しく神イベントなのではないでしょうか。



    ■機体取得条件

    ガンダムオンライン


    貰える条件は、戦闘後に手に入る交換用アイテムを集めて、設計図と交換するというもの。

    【勝敗による獲得数】
    勝利:3個
    敗北:1個

    【個人評価による獲得数】
    1~20位:2個
    21~40位:1個
    41~51位:0個



    「勝利:3個」「1位~20位:2個」なので、試合に勝って20位以内なら5個手に入るため、金設計図(100個)との交換は、最短でも20試合はかかると思われる。


    ちなみに現環境では、「ガンダムNT-1」の方が強いらしい。
    でも「ケンプファー」も格好良いので、これから始めようと思っている人は、2機(強襲タイプ)とも手に入れたいところ。

    wikiを見る限り重撃タイプの方は微妙らしいが、余裕があれば、こちらも手に入れておいて損はないのかもしれません。


    機動戦士ガンダムオンライン

    [ 2016/12/07 20:30 ] PC ガンダムオンライン | TB(0) | CM(0)

    【ガンダムオンライン】大型アップデートで面白くなったらしい!



    「知らない間に、ZZまで実装されてた!」


    つい先日、ガンダムオンラインにて大型アップデートが行われたのですが、戦闘に関する仕様が変わり、それが好評なようです。

    以前のガンオンは、
    「高威力の武器(主にバズーカ)で敵の動きを止めて、とどめを刺す!」という単純で大味な戦闘でした。

    それが今回のアップデートでダウンの仕様を変更した事で、マシンガンやビームライフルといった、今まで微妙だった武器が強くなり、純粋にMS戦が楽しくなったとか。

    逆に今まで強かった武器が微妙になったりと色々あるらしいですが、それでも戦場でマシンガンやビームライフルが飛び交う、ガンダムらしい戦闘が出来るようになったようです。

    また、敵に少しでもダメージを与えて、その敵を味方が倒した場合、自分のキル数にもカウントされるようなった事で、戦闘が下手だった人も敵を倒す楽しみが増えたとか。



    機動戦士ガンダムオンライン超攻略 Wiki


    Wikiを見る限り、アプデに関して良い意見の方が多く見られるので、引退した人は、復帰しても良いかもしれませんね。
    ジムのマシンガンでもそこそこ戦えるっぽいので、今のガンオンは新規の人にも優しいのかも。



    ■ZZガンダムを手に入れた
    ガンダムオンライン

    久しぶりにinしてみたら、DXチケットが何枚かあったので、DXガシャを引いたらZZガンダムの銀設計図を手に入れました。
    昔は、陸戦型ガンダムの銀設計図ですら入手困難だったのに・・・。
    時代は変わったのか

    [ 2016/11/10 21:00 ] PC ガンダムオンライン | TB(0) | CM(0)

    【グラボ】玄人志向の「Radeon RX 460」を買ってみた!

    Radeon RX 460

    今まで「Radeon HD 6850」を使っていたのですが、Youtubeで1080pの動画を見ているとカクカクするので、今回「Radeon RX 460」を買ってみました。

    肝心の性能の方はというと、色んなベンチマークサイトを見てみましたが、「Radeon HD 6850」の1.5倍ぐらいらしいです。
    現在発売しているグラボ達と比べると、絶対的な性能は高くはない。
    良くも悪くも値段相応という感じですね。


    ちなみに価格は1万円ぐらいなので、ライバルはGTX750tiになるのかな。

    GTX750Ti(玄人志向) :\9,735
    RX460(玄人志向):¥11,390

    Amazon調べ(2016/9/29)


    性能はGTX750tiよりも少し上ですが、その分価格も少し上がっているので、どちらが良いのかは微妙なところ。
    でも、どうせ買うなら古いGTX750tiよりも新しいRX460の方が良いと思う。

    ちなみに補助電源不要なのも嬉しい要素。
    ゲームはやらないけどグラボが欲しいという人には丁度良いですね。
    もしゲームをやる事になっても高画質設定にしなければ遊べると思います。


    youtubeに比較動画が有ったので紹介

    FPS比較


    GTX750tiとRX460は、微々たる差ですね。

    動画を見るとGTX950の性能の高さが気になる所ですが、価格を考えるともう少し予算を追加してGTX1060辺りを買った方が幸せになれると思います。



    ■開封
    Radeon RX 460
    Radeon RX 460

    中身はこんな感じ


    Radeon RX 460

    出力端子は、DisplayPort x1、HDMI x1、DVI-D x1に対応


    Radeon RX 460

    ファンはこんな感じ。
    HD6850と比べるとヒートシンクが大きいです。


    Radeon RX 460

    横から見るとこんな感じ。


    Radeon RX 460
    左:RX460
    右:HD6850


    それにしてもHD6850のホコリが酷い。
    そりゃ、高解像度の動画を見たら熱暴走もするか・・・。

    Radeon RX 460
    上:RX460
    右:HD6850


    大きさは同じような感じですが、HD6850が補助電源を必要とするのに対して、RX460は補助電源が不要!
    RX460の方が性能は高くて、消費電力が低いという事で、コスパ&ワッパに優れています。


    [ 2016/09/29 23:00 ] PC その他[PC] | TB(0) | CM(1)