FC2ブログ

ゲーム日記とかとか+1品

ゲーム関係とか買った物とかをいろいろと気の向くままに書いてます。
ゲーム日記とかとか+1品 TOP  >  2020年02月
    気になる商品
    Amazon
    カテゴリ
     ├ Destiny (53)
     ├ ACE:R (2)
     ├ BF1943 (15)
     ├ EDF:IA (5)
     ├ GTA5 (19)
     ├ Skyrim (20)
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ゲーム
    70位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    ソニー(プレイステーション)
    5位
    アクセスランキングを見る>>

    【Dead Cells】庭師の鍵の場所が分からなくて攻略情報を見てしまう!

    庭師の鍵が1個見つからないままプレイ時間が20時間を超えました。

    さすがに、自力で見つけるのは無理だなと思い攻略情報を見てしまった。




    ■庭師の鍵の場所
    場所は「罪人の道」
    他の庭師の鍵と同じですね。

    薔薇


    まず薔薇が咲いている場所を探します。
    画像のようなえぐれた地形が目印です。
    大体ここに咲いています。


    薔薇にダイブアタック


    薔薇にダイブアタックを数回します。
    ダイブアタックをする毎に薔薇がしゃべります。


    庭師の鍵


    最後に「庭師の鍵」が出現します。



    自力で見つけたかったけど、コレは無理だ。
    さすがに気づかないです。

    自力で見つけた人は運が良かったのか、洞察力が凄いのか。
    とにかく凄い。
    [ 2020/02/23 18:00 ] PC | TB(0) | CM(0)

    【PCゲーム】Steamで見つけた「Dead Cells」がクソ面白い!

    Dead Cells
    https://store.steampowered.com/app/588650/Dead_Cells/


    Steamで面白そうなアクションゲームを探していたら、圧倒的に高評価な「Dead Cells」を発見。
    説明にもローグライトやメトロイドヴァニアといったワクワクする単語が並んでいます。
    値段も2480円とお手頃なので、試しに買ってみたのですが、これが想像以上に面白かった。


    メトロイドヴァニアと言えば、色んなエリアを行ったり来たりして攻略して行くものですが、「Dead Cells」は次のエリアに進む事は出来ても戻る事は出来ません。

    従来のメトロイドヴァニア
    【エリアA】←→【エリアB】←→【エリアC】

    Dead Cells
    【エリアA】→【中間地点】→【エリアB】→【中間地点】→【エリアC】


    このように次々に新しいエリアを進んでいくのが「Dead Cells」の特徴となっています。
    エリア内は自由に探検出来るので、そこがメトロイドヴァニア要素になるのかな。

    途中で死んだら最初になります。
    おまけにやり直すたびに変化するダンジョン。
    これがローグライト要素ですね。


    ■プレイ動画


    文字で説明しても分かりにくいと思うので、
    1プレイ、死ぬまでのプレイ動画(約1時間)を撮ってみました。

    最初から軽快な動きが出来て、使う武器によって戦い方も変わる。
    アクションゲームとして、操作する楽しさが詰まったゲームだと思います。




    ■アンロック要素で周回プレイをやる楽しみ

    中間地点


    中継地点に居るコイツに話しかけると色んな要素をアンロックする事が出来ます。

    アンロック要素


    回復薬の使用回数を増やしたり、死んだ時に保持できるゴールドの上限を増やすのもあります。
    武器や魔法、その他いろいろと戦闘に有利になるような要素もアンロックできます。

    ただしアンロックするには、敵を倒した時に稀に手に入るセルという物が必要になってくる。
    一周しただけではセルが足りなくてアンロック出来ない要素も、周回してセルを稼げばアンロック出来る!
    ここで周回プレイの重要性が分かってくるのですが、人によってはめんどくさいと思うかもしれませんね。






    いつもなら「アクションゲームが好きならオススメです。」と言うところですが、「Dead Cells」に限って言えば「アクションゲームが好きなら買え」と言っても過言ではないかもしれません。
    それぐらい楽しいです。

    現在18時間程遊んでいますが、まだ飽きがこないです。
    アクションゲームで18時間と言えば物語も終盤に差し掛かっているぐらいだと思うのですが、「Dead Cells」ではまだまだ序の口に居る感じ。

    周回プレイ前提のゲームなので、底が見えません。

    今までいくつかメトロイドヴァニア系のゲームに手を出してきましたが、「Dead Cells」が一番楽しいですね。
    個人的に色んな武器が有るのが最高でした。
    周回するたびにワクワクします。



    追記:2020/02/17

    Switch持ってる人は期間限定で遊べるらしい。
    世のSwitchユーザーは是非やるべき!
    [ 2020/02/16 16:30 ] PC | TB(0) | CM(0)

    【Days Gone】ついに進行不能バグに遭遇してしまう!


    初めて進行不能なバグに遭遇したので記念に動画を撮ってみました。
    バグの症状としては、突如現れた壁によって何処にも行けなくなるという物です。

    ゲームをやっていて小さなバグには、何度も遭遇していますが、進行不能になるバグは初。
    さすがに焦りましたね。


    【突如出現する壁】
    突如出現する壁


    歩いていると突如出現する謎の壁!
    入る事は出来ても出る事は出来ない模様


    【壁に包囲される】
    壁に包囲される


    どうにかして逃げる事は出来ないかとうろうろするも、気が付けば周囲がに囲われて逃げ道無し!
    最初に来た時は、何もなかったのに・・・。



    ■解決方法
    ゲーム内で色々と試してもダメだったので、PS4を再起動させたら無事直りました。
    たぶんソフトの再起動でも大丈夫なはず。

    【結論】
    困ったときは再起動を試そう!
    [ 2020/02/08 18:30 ] PS4 | TB(0) | CM(0)

    【PS4】「Days Gone」が面白くてずっとやってる気がする

    Days Gone


    PS Storeのセールで買った「Days Gone」ですが、想像以上に楽しくて買ってから毎日遊んでいます。
    (今は子犬を助けたところ)


    ゲーム自体は、オープンワールドにゾンビ要素を追加した感じの内容ですが、単純作業にならないようになっているので飽きがこないですね。

    Days Goneを形成するシステムが良く出来ている思います。


    例えばクラフト要素

    回復アイテムや火炎瓶等のアイテムを作成するには素材が必要になってくる。

    「素材が必要」なんて書くと、「取得方法がめんどくさいのか?」と思われがちですが、素材自体は色んな所で簡単に手に入ります。
    拠点、空き家、放置された車等、本当に簡単に手に入る。

    簡単に手に入るからこそ、ちょっとした移動時に素材を集めたくなる。

    オープンワールドの移動って単純作業で眠たくなりがちですが、「Days Gone」の場合は、移動しつつ素材も集めたくなるので眠くならないんですよね。
    別に移動中に素材なんて集めなくてもよいです。だって色んな所に落ちているから。
    でも集めたくなる。そんなゲーム。


    戦闘に関しては、武器が強すぎないのが丁度良いと思いました。
    強そうな銃を手に入れても敵の胴体に撃った場合、数発撃たないと倒せないようなゲームバランスだったりします。
    でもヘッドショットだと1発なんですよね。

    ただし、敵の動きは速いので簡単にヘッドショットは狙えない。
    しかしスキルのフォーカスというのを使うと一時的に、時間の流れが遅くなって狙いやすくなる。
    でもフォーカスの使用時間は限られている。

    銃がそんなに強くないから、ちょっとした戦闘でも緊張感があります。

    ちなみに近接武器は耐久値があって使いすぎると壊れるので、別の意味で緊張感が有ります。
    もちろん修理も出来ますが、修理をするにはスクラップという素材が必要になってくる。
    ここでも「素材が必要かー」って感じ。


    戦闘すると何かしらのアイテムを使うので、必ず素材が必要になる。
    でも素材は簡単に手に入るから、素材集めはストレスにならない。

    常に「あの場所に何か有りそう」なんて事を考えながら操作しているので、そのおかげで飽きずに遊べているのかなと思います。


    ストーリー自体も「ゾンビの謎」や「主人公の過去」を知るというゾンビ物にありがちな内容なので、普通に楽しめます。
    ホラー要素もほとんどないので、ホラーが苦手な人にもおすすめ。
    [ 2020/02/01 21:00 ] PS4 | TB(0) | CM(0)