FC2ブログ

ゲーム日記とかとか+1品

ゲーム関係とか買った物とかをいろいろと気の向くままに書いてます。
ゲーム日記とかとか+1品 TOP  >  2020年03月
    気になる商品
    Amazon
    カテゴリ
     ├ Destiny (53)
     ├ ACE:R (2)
     ├ BF1943 (15)
     ├ EDF:IA (5)
     ├ GTA5 (19)
     ├ Skyrim (20)
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ゲーム
    72位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    ソニー(プレイステーション)
    5位
    アクセスランキングを見る>>

    Steamセールで買った「Tesla vs Lovecraft」をクリアしてみた!



    難易度最高(エルドリッチ界)の最終ステージの動画を撮ってみました。



    Steamのセールで良く見かけるゲーム!

    「Tesla vs Lovecraft」

    を買ってみました。

    内容は、見下ろしタイプの普通のシューティングゲームです。
    ゲーム性ゆえに20分ぐらい遊ぶと飽きますが、10分後にまた遊びたくなる。
    そんな中毒性のあるゲームでした。


    ちなみに全実績解除まで10時間ぐらい。
    ちょっと遊んで紹介記事でも書こうかと思ったら全クリ。

    正直なところ、おすすめはしませんが、動画を見て気になったらセール時に買ってみると良いでしょう。
    通常時も1,480円と安いのですが・・・、ん~って感じ。

    別に面白くないとではないのですが、ボリュ-ムの問題ですね。



    ■レベルを上げて強くなる!

    レベル


    ゲーム開始の時点では、プレイヤーのレベルは1の状態ですが、敵を倒すとレベルが上がります。
    レベルは画面上部の中央に表示されています。


    ボーナス


    レベルが上がるとボーナスを得る事が出来ます。
    このボーナスを選択し続けて、徐々に強くなり戦闘が有利になっていくというのが、大まかなゲームの流れですね。

    ちなみにレベルは持ち越せません。
    ステージ選択毎に1からスタートです。


    [ 2020/03/28 16:00 ] PC | TB(0) | CM(0)

    「PS5」と「Xbox Series X」のスペックが公開されたわけだが・・・、ゲーミングPC並みか!?


    PS5



    PS5の動画が公開されたけど英語が分からん。

    とりあえずサイトに載っている情報を書き出してみる。


    ■PS5のスペック

    【CPU】
    x86-64-AMD Ryzen™ "Zen 2"
    8コア / 16 スレッド
    周波数:最大 3.5GHz まで可変

    【GPU】
    AMD Radeon™ RDNA 2-based graphics engine
    レイトレーシング アクセラレーション
    周波数:最大 2.23GHz まで可変(10.3 TFLOPS)

    【システムメモリ】
    GDDR6 16GB
    バンド幅:448GB/s

    【SSD】
    825GB
    読み込み速度:5.5GB/s(Raw)

    【PS5 ゲームディスク】
    Ultra HD Blu-ray™(100GBまで)

    【映像出力】
    4K 120Hz TV、 8K TV、VRR 対応(HDMI2.1規格による)

    【オーディオ】
    "Tempest" 3Dオーディオ技術

    https://www.jp.playstation.com/blog/detail/9451/20200319-ps5.html




    ■Xbox Series X

    【CPU】
    8x Cores @ 3.8 GHz (3.6 GHz w/ SMT) Custom Zen 2 CPU

    【GPU】
    12 TFLOPS, 52 CUs @ 1.825 GHz Custom RDNA 2 GPU

    【Die Size】
    360.45 mm2

    【Process】
    7nm Enhanced

    【Memory】
    16 GB GDDR6 w/ 320b bus

    【Memory Bandwidth】
    10GB @ 560 GB/s, 6GB @ 336 GB/s

    【Internal Storage】
    1 TB Custom NVME SSD

    【I/O Throughput】
    2.4 GB/s (Raw), 4.8 GB/s (Compressed, with custom hardware decompression block)

    【Expandable Storage】
    1 TB Expansion Card (matches internal storage exactly)

    【External Storage】
    USB 3.2 External HDD Support

    【Optical Drive】
    4K UHD Blu-Ray Drive

    【Performance Target】
    4K @ 60 FPS, Up to 120 FPS

    https://news.xbox.com/en-us/2020/03/16/xbox-series-x-tech/






    ■GPUのTFLOPS(FLOPS)って何?
    恥ずかしながらGPUのTFLOPS(FLOPS)の意味が分からなかったので、少し調べました。

    FLoating point number Operations Per Secondの名称が示す通り、1秒間に浮動小数点演算が何回できるかの指標値ひいては性能値の事を指す。

    https://ja.wikipedia.org/wiki/FLOPS


    要するにこの値が大きい方が高性能という事ですね。(よくわかってない)

    ぶっちゃけ比較対象がないと何とも言えないので、Wikiに載っていたPS4とGTX1080の値を載せておきます。

    PlayStation 4 : 1.84TFLOPS
    GeForce GTX 1080 : 8.872 TFLOPS



    他にも気になったので調べたら丁度主要なグラボの値を載せていたサイトを見つけた。

    NVIDIA GeForce RTX2080Ti : 13.45 TFLOPS
    NVIDIA GeForce RTX2080 Super : 11.15 TFLOPS
    NVIDIA GeForce RTX2080 : 10.07 TFLOPS
    NVIDIA GeForce RTX2070 Super : 9.062 TFLOPS
    NVIDIA GeForce RTX2070 : 7.465 TFLOPS
    NVIDIA GeForce RTX2060 Super : 7.181 TFLOPS

    https://taxtax.hatenablog.jp/entry/2020/03/17/%E3%83%87%E3%82%B9%..



    PS5 : 10.3 TFLOPS
    Xbox Series X : 12 TFLOPS

    という事を考えると、PS5はRTX2080ぐらい。
    Xbox Series X は、RTX2080 Super以上、RTX2080Ti以下ぐらいですね。

    ってかXBOX凄いな。
    PS5とは、丁度PS4 1台分ぐらいの差があるんですね。



    ■感想
    たぶんですけど現在、20万円で売っているゲーミングPCよりも高性能ですよね。
    PCは色々出来て、ゲーム機はゲーム専用なので使用用途は違いますが、凄い時代になったもんだと思いました。

    やはり気になるのは値段ですが、いくらぐらいになるのだろうか。
    5万円ぐらいなら普通に買いだし。
    10万円近くするなら様子見というところか。

    4K対応!高画質!と言われても、現状だとフルHDでも良いし、今でもグラフィックは綺麗だし満足しているんですよね。

    次世代PSとXBOXは、凄い性能だという事が分かったので、今後の情報に期待。


    あとゲーミングPC並みの性能になるのなら、公式でキーボードとマウスの使用も認めたら良いのにとは思いましたね。
    この機会にゲーム機勢も一部のゲーム(主にFPS)を、完全にキーボードマウスへ移行できれば面白そうな事になりそうな気がする。
    [ 2020/03/19 18:30 ] 雑談 | TB(0) | CM(0)

    【PC】ヤギのゲーム『GOAT OF DUTY』がSteamで無料配布中だぞ!急げ!



    ヤギが銃を撃ちまくるゲーム『GOAT OF DUTY』が、Steamで無料配布中とのことです。

    期間は3月31日まで!

    期間中に取得すれば、ずっとプレイ出来るらしいので、この機会に貰っておきましょう。



    ■早速、遊んでみた!


    バカゲーですが、普通に楽しかったです。

    全体的にスピーディーな展開のゲームっぽいので、ある程度マウスでAIMする能力は必要かもしれません。

    まあ、遊んでいれば慣れるでしょう。


    「とにかくみんなヤギになれ!」



    [ 2020/03/18 19:00 ] PC | TB(0) | CM(0)

    【デレステ】期間限定SSR [わるなぎスタイル]久川凪を手に入れたぞ!新特技「オルタネイト」が強い?

    [わるなぎスタイル]久川凪
    ガシャ結果


    数か月ぶりにピックアップSSRを引けた気がする!

    という事で、新特技が強い?と噂の、 [わるなぎスタイル]久川凪を手に入れました。




    ■ [わるなぎスタイル]久川凪の性能

    [わるなぎスタイル]久川凪の性能

    【特技:あらぶる凪のポーズ(オルタネイト)】
    6秒毎、中確率でわずかな間、COMBOボーナス20%ダウン、LIVE中に発動した最も高いスコアアップ効果を特大アップして適用


    ダンス特化タイプ
    センター効果は、パッションプリンセス
    特技は、オルタネイトという新しい特技ですね。




    ■オルタネイトの特徴

    特技効果「オルタネイト」
    ・発動時、COMBOボーナスがダウン
    ・発動時、LIVE中に発動した最も高いスコアアップ効果を特大アップして適用

    「COMBOボーナスダウン」効果について
    ・「COMBOボーナスダウン」効果は、COMBOボーナスアップの特技効果の一つとして扱われます。
    そのため、他のCOMBOボーナスアップの特技効果と重複して発動した場合は、最もCOMBOボーナスアップ率の高い特技効果のみが適用されます。

    「最も高いスコアアップ効果を特大アップして適用」について
    ・LIVE中、「オルタネイト」発動タイミングより以前に発動していたスコアアップ効果のみが対象になります。
    ・リズムアイコンの判定、およびリズムアイコンの種類ごとに、それぞれで最も高いスコアアップ効果が適用されます。

    ※デレステ内お知らせより引用



    要約すると

    他アイドルが発動したスコアアップ特技の中で、効果が最も大きいものを特大アップして発動する。
    コンボボーナスダウンは、他アイドルのコンボボーナスアップが発動中なら無効化出来る。



    「COMBOボーナス20%ダウン」と書いてあるので少し分かりにくいですが、結局は「COMBOボーナス」です。
    同じ特技が発動中の場合、最も大きい数値が適用されるので、コンボボーナスダウンが無効化されるわけですね。

    「COMBOボーナス-20%」(オルタネイト)
    「COMBOボーナス 18%」(COMBOボーナス)
    「COMBOボーナス 12%」(チューニング)

    が同時に発動したら、18%が適用されるって感じですね。


    スコアアップに関しては、効果の高いコンセントレーションやアクト系と組み合わせると良さそうですね。




    ■軽くスコアを計測してみた

    ライフスパークル ユニット
    ライフスパークル スコア


    メインで使っていたパッション用ユニットです。
    特技は左から
    コンセントレーション、ライフ回復、パッションアンサンブル、ライフスパークル、パッションフォーカス
    スコアは、約146万

    オルタネイト ユニット
    オルタネイト スコア


    とりあえずオルタネイトを入れてみたユニット
    特技は左から
    COMBOボーナス、パッションフォーカス、パッションアンサンブル、コンセントレーション、オルタネイト
    スコアは、約150万



    ポテンシャルは↓こんな感じです。

    ポテンシャル


    向井拓海は、ライフ回復とライフスパークル用にライフを上げていますが、ポテンシャル28
    久川凪は、営業にしか使っていなかったのでポテンシャル3

    凪のポテンシャルをちゃんと上げたらもっとスコアが出せそうですね。

    適当に組んだユニットでコレなので、ちゃんとオルタネイト用ユニットを組めば凄そう。


    【おまけ:コンボナ → スキルブーストに変更】

    スキルブースト ユニット
    スキルブースト スコア


    諸星きらりをフェス限のスキルブースト持ちに変更してみました。
    スコアは、約138万

    思ったほどスコアは伸びなかったです。



    ■3Dモデルを見てみる

    [わるなぎスタイル]久川凪[わるなぎスタイル]久川凪
    [わるなぎスタイル]久川凪[わるなぎスタイル]久川凪


    ヒップホップ歌いそう

    [ 2020/03/06 00:05 ] Android | TB(0) | CM(0)

    【Dead Cells】ハードクリアするのに70時間弱かかったわけだが!

    Dead Cells プレイ時間


    気が付けば70時間近くも「Dead Cells」を遊んでいました。


    そしてつい先日、ハードをやっとの思いでクリアできました。

    ステムセルⅡ
    実績:過酷な戦い


    「時間かかり過ぎじゃね?」

    とは思うのですが、途中でハードのクリアを諦めて、ノーマルでアンロック出来る要素を全てアンロックしていたので、それだけ時間がかかったのだと思います。

    道中に回復アイテムが無くなったり、万全の状態でラスボス戦に挑むも30秒で死んだりと、ハードに嫌な思い出は有りますがゲーム自体が楽しいので全然苦にならないですね。

    ハードをクリアしたと言っても、更に上の難易度があるので、まだ100時間以上遊べそうです。

    ちなみに、あと4個ぐらい上の難易度があるっぽい。
    ハードでも難しいのに、それ以上の難易度なんてクリア出来るのだろうか。
    怖くもあり楽しみでもある。

    本当に面白いゲームです。
    常に武器やスキルの取捨選択を迫られるので、それが丁度良い刺激になっていますね。



    ■クリアには自動で攻撃するタレット系が便利

    参考装備


    クリアした時の装備はこんな感じでした。

    メイン武器:早撃ちの弓
    スキル1:自動ダブルクロスボウ
    スキル2:ヘヴィタレット



    早撃ちの弓は、矢を連射出来る使いやすい弓なのでお気に入り。

    自動ダブルクロスボウやヘヴィタレットは、自動で敵を攻撃してくれるので、ボス戦では回避に専念できるため、かなり便利なスキルです。
    とりあえずスキルに迷ったら、これらの自動攻撃系スキルを入れておけというぐらい使えるやつらでした。

    余程、腕に自信がある人でもなければ、自動ダブルクロスボウが安定ですね。
    良さそうな追加効果が付けば更に強くなりますし。
    [ 2020/03/04 19:00 ] PC | TB(0) | CM(0)