ゲーム日記とかとか+1品

ゲーム関係とか買った物とかをいろいろと気の向くままに書いてます。
ゲーム日記とかとか+1品 TOP  >  PS4  >  モンスターハンター:ワールド >  【PS4】ロード時間短縮のために外付け用SSDを買ってみた!【MHW】
    気になる商品
    Amazon
    カテゴリ
     ├ Destiny (53)
     ├ ACE:R (2)
     ├ BF1943 (15)
     ├ EDF:IA (5)
     ├ GTA5 (19)
     ├ Skyrim (20)
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ゲーム
    73位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    ソニー(プレイステーション)
    4位
    アクセスランキングを見る>>

    【PS4】ロード時間短縮のために外付け用SSDを買ってみた!【MHW】

    SSDとケース


    PS4に外付けSSDを使うとゲームの読み込み速度が上がるという事を知ったので、試しにSSDとケースを買ってみました。

    PS4Proの場合は、SSDを内臓で使うと良いらしいのですが、今使ってるPS4がProではない普通の初期型のやつなので、外付けで使う事にしました。




    ■実際にSSDを使ってみたら驚異の結果に!


    ロード時間比較用に簡単な動画を作ってみました。
    MHWで同じクエストの読み込み時間を比較しています。

    内臓HDDと外付けSSDの違いを何となく分かれば良いと思ったので、検証方法は雑ですが、SSDの方が速いというのが分かると思います。


    内臓HDDでは51秒13だったのが、外付けSSDでは29秒56
    約20秒の短縮に成功していますね。

    3クエストすると約60秒
    30クエストなら約600秒(10分)
    180クエストなら約1時間

    こう考えると20秒もバカにできませんね。




    ■今回買ったSSD

    Transcend SSD 480GB


    今回買ったSSDは、
    Transcend SSD 480GB 2.5インチ SATA3 6Gb/s TLC採用 3年保証 TS480GSSD220S
    という物で、容量は480GBです。

    購入時の価格は1万3500円と同容量のSSDの中でも比較的安かったのでこれにしました。
    本当は500GBのSSDが欲しかったけど安さに釣られました。



    ■今回買ったSSDケース

    Salcar USB3.0 2.5インチ HDD/SSDケース


    ケースは、
    Salcar USB3.0 2.5インチ HDD/SSDケース sata接続 9.5mm/7mm厚両対応 Win/Mac対応 UASP対応 高放熱性アルミ
    という物を買いました。

    これにした理由は、放熱性のあるアルミケースだったから。
    一応熱対策のつもりでアルミケースにしましたが、意味があるのか謎。


    ちなみに購入時の価格は1280円だったので、SSDと合わせても1.5万円いかないぐらいですね。
    一昔前のSSDと比べるとお手頃なのではないでしょうか。

    ただゲームが好きな中学生や高校生が、ロード時間短縮のためだけに出せる金額としては高いと思うので、購入の際はよく考えましょう。




    ■外付けSSDを作ろう!

    SSDの端子


    SSDとケースを・・・


    SSDをケースにセット


    こうやってくっつけて!


    USBケーブルの接続


    こうだ!!!

    SSDをケースに入れて付属のUSBケーブルを繋げて終わり
    サルでも出来そうなぐらい簡単ですね。


    PS4と接続


    PS4に繋げてると無事ランプが点灯しました。




    ■PS4と外付けSSDの設定

    エラーメッセージ


    先ほど作った外付けSSDを繋げると、このようなメッセージが表示されて使用できません。
    PS4でSSDを使えるようにするには、フォーマットをする必要があるようです。

    【フォーマットのやり方】

    [設定]

    [周辺機器]

    [USBストレージ機器]

    接続してあるSSDを選択

    USBストレージ機器



    あとは指示に従っていくとフォーマットされます
    拡張ストレージとしてフォーマットする





    フォーマット完了

    こんな画面が出たら完了!
    フォーマット自体は一瞬で終わります。

    これで外付けSSDを繋いだ状態だと、自動でSSDの方にゲームをインストールしてくれるようです。






    ■早速MHWをインストールしてみた!
    HDDに入っているゲームデータを削除して、MHWのディクスを入れて自動でインストールしてみたところ・・・
     

    拡張ストレージを確認


    ストレージで拡張ストレージ(外付けSSD)を確認!

    モンスターハンターワールドを確認


    中を見てみると、モンスターハンターワールドを確認!
    ちゃんとインストールされていますね。

    これで外付けSSDにMHWがインストール出来ました。
    当初の目標は達成です。

    【注意】
    データの削除する前にセーブデータのバックアップをしておきましょう。
    PS Plusに入っているなら自動でオンラインにバックアップを保存してくれているはずですが、念のため手動でもバックアップしておく事をオススメします。





    ■MHWでセーブデータが認識できないトラブルがぁぁぁ!?

    エラーメッセージ

    「モンスターハンター:ワールド」のダウンロードが完了するまで
    このセーブデータでプレイすることはできません



    ダウンロードどころかインストール完了しているのですが・・・

    どうもPS4本体に残っていたセーブデータが使用出来ない様子。

    こんな時は落ち着いてセーブデータのバックアップをダウンロードしましょう!

    セーブデータをアップロード/ダウンロードする


    ここからセーブデータのアップロードとダウンロードができます。

    ダウンロードしたら、無事動くようになりました。
    そして動くようになったから動画を作れました。




    ■今回のまとめ
    1.初期型のPS4でも外付けSSDを使うとデータの読み込みが速くなる!

    2.外付けSSDは1.5万円以下で手に入る!
    ただし容量は480GBと500GBよりも少し少ない。


    3.外付けSSDはケースとSSDさえあれば簡単に作れる!

    4.PS4で外付けSSDを使う際はフォーマットが必要!

    5.セーブデータに異常が有ったらバックアップをダウンロード!




    余談ですが、SSDを外付け化して、MHWをインストールしてからのセーブデータトラブルを解決という一連の流れにかかった時間よりも、動画を作っていた時間の方が長かったのはナイショ。
    それぐらいSSD云々は簡単でした。



    関連記事
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://intint000.blog96.fc2.com/tb.php/2053-2f5eeecb